c型肝炎は自覚症状がない┃ガンに発展する可能性がある

快適な睡眠のためには

アイマスクしているウーマン

体脂肪を削ぎ落とす

睡眠時無呼吸症候群とは、10秒程度呼吸がとまるという状態が睡眠中に何回も繰り返される症状のことを言います。この睡眠時無呼吸症候群における大きなリスクファクターと考えられているのが肥満です。体重が増加して首周りに体脂肪がたくさん付くことで気道が圧迫されて空気が通りづらくなり、酸素を上手く取り込めなくなってしまうというわけです。ただ、逆に考えればダイエットなどをして気道をしっかりと確保することができれば簡単に防ぐことができる症状だとも言い換えられます。身体の体脂肪を落とすために必要なのは何と言っても食事制限と運動です。摂取カロリーを消費カロリーが上回れば理論上は確実に痩せていきます。日頃から食事の総カロリーがどれくらいなのかを気にしながら、それと並行してしっかりと身体を動かすようにすると少しずつ睡眠時無呼吸症候群が出づらい身体になるはずです。

専門家に相談をする

普段使っている枕を少し変えてみるのも睡眠時無呼吸症候群を予防するためには大きな効果を発揮します。寝ている時の姿勢がナチュラルな状態に近ければ近いほど気道をしっかりと確保しながら睡眠をとることができます。この睡眠時の姿勢に大きく影響を及ぼしているのが枕の形です。枕の高さや軟らかさが自分の身体にしっかりとフィットしていれば楽な姿勢で眠ることができ、それに伴って睡眠時無呼吸症候群も出てこなくなります。自分の身体にあった枕を探す時には専門家の人に相談をするのが最も手っ取り早い方法だと思います。最近では『枕外来』を行っている病院も出てきました。そういった機関で睡眠や枕のプロフェッショナルに睡眠時無呼吸症候群にならないようにするためにはどうしたらいいかと聞いてみることで、適切なアドバイスをもらうことができると言うわけです。

Copyright © 2016 c型肝炎は自覚症状がない┃ガンに発展する可能性がある All Rights Reserved.