c型肝炎は自覚症状がない┃ガンに発展する可能性がある

がんの完治のために

患者

手術で腫瘍を切除しても、体内には目には見えないがん細胞が残ることがあります。しかしこのがん細胞は、患者の免疫力を高めるという免疫療法によって、撃退することができます。抗がん剤の場合、副作用が生じたり、がん細胞のタイプによっては効果が出なかったりするのですが、免疫療法なら安全で効果が出やすいのです。

もっと見る

快適な睡眠のためには

アイマスクしているウーマン

睡眠時無呼吸症候群の予防方法として最も一般的なのがダイエットをして肥満を解消することです。体重が落ちると首周りの脂肪が削ぎ落とされ、睡眠時に気道を確保しやすくなると言われています。ほかにも、普段使っている枕を変えてより自然な姿勢で眠れるように工夫をすることも睡眠時無呼吸症候群には効果的です。

もっと見る

最適な治療を受けるために

病院

病院にはさまざまな領域がありますがその中でも内科は群を抜いて扱う範囲が広く、それ故に病院の数も最も多くなっています。したがって、城東区に住んでいていい内科病院を探す時には上手に候補を絞り込んで自分に合ったところを見つけられると安心して暮らしていけるでしょう。

もっと見る

日本人に多い慢性肝炎とは

医療機器

肝ガンに進行するおそれも

日本では慢性肝炎の70%がc型肝炎だと言われています。c型肝炎は自覚症状がほとんどない病気のため感染していることに気づかず慢性化する人もいます。慢性肝炎を放置しておくと肝硬変や肝ガンに進行するおそれもあります。日本の肝ガンの原因の65%がc型肝炎だという研究結果も出ているのです。以前はc型肝炎は輸血や使い回しの注射などが原因でHCV感染者の血液が体内に入ることで感染していました。しかし今は医療機関の体制がしっかりしているためそのようなことはなくなりました。しかし最近は刺青の針や違法薬物を使う場合の使い回しの注射針で感染する人が増えてきました。また長期間に渡る血液透析を受けている患者もc型肝炎を発症する確率が高いと言われます。

効果的な服用薬

c型肝炎の検査は簡単な血液検査で調べることができます。血液透析を受けている人や刺青をしている人は一度は検査を受けたほうがいいかもしれません。血液検査でc型肝炎ウィルスに対する抗体が見つかれば感染していることになります。c型肝炎の治療はインターフェロンを中心とした抗ウィルス療法が行われます。以前は注射をしていましたが服用薬としても使えるようになりました。服用薬は直接c型肝炎ウィルスを攻撃することができ注射治療より効果の高い薬だと言われています。薬を飲み忘れると血液中のウィルスが増える可能性があるので飲み忘れには注意しなければなりません。症状や体質によってはインターフェロンが使えない患者もいます。この場合は肝炎の炎症や病気の進行を抑える薬が使われます。

Copyright © 2016 c型肝炎は自覚症状がない┃ガンに発展する可能性がある All Rights Reserved.